自己破産をしても逃れられない支払いもある

借金を全てチャラにできるという自己破産であっても、支払いから逃れられないものも一部あります。
債務整理は破産法に依拠して行われるのですが、その中で定められた非免責事項については支払義務から逃れることはできません。
代表的なものとしては各種税金、養育費、罰金などがあります。
それから、一緒くたにしてしまいそうになりますが、養育費は免責されないのに対し、離婚による慰謝料は免責されることもあります。

ご存知かもしれませんが、債務整理の一種として、借金を債権者に返済し終えている時に不要に払った利息の返還請求が可能な「過払い金返還請求」というものがあります。
あらかじめこの返還請求をする場合はかつての借入金の明細が載った取引履歴の書類が求められます。
これまでの取引履歴を確認することにより、適正な利息を算定することができるので、過払いになっていた利息を返還請求することが認められます。

一般に債務整理で国内外の旅行や転居が制限されることはありません。
パスポートを取得する際も悪影響はありません。
ですが、例外が唯一あります。

自己破産を申し立てた状況下ばかりは、絶えず裁判所に対して自分の居場所を届けておくことが求められ、裁判所の許可を得ないと転居や旅行は認められません。
裁判所から免責の承認が出れば他の債務整理のように、縛られることはありません。

通称ブラックリスト入り(信用情報機関に事故情報が記載されること)と、自己破産や個人再生においては個人情報が官報上に書かれてしまうことが債務整理をすることによるマイナス面と言えるでしょう。
ですが、一定期間が過ぎれば事故情報の記録は消えますし、いつも官報をチェックしている人なんて非常に限定的でしょう。
他には、借金に際して保証人を頼んでいる時はその人がとても迷惑を被る事態は否定できません。

債務整理で弁護士や司法書士の力を借りたいものの、支払うお金の調達が無理そうだという場合は法テラスに相談を持ちかけるというのも一つの手です。
法律についての問題なら、法テラスは頼れる公的機関になります。
借金についての相談は無料で行っていますし、経済的に苦しい人に対して民事法律扶助制度により、弁護士ないし司法書士への依頼と報酬にかかる費用を立て替えるという援助もしてくれます。

借金について手続きの相談を持ちかけるとしたら、 弁護士や司法書士に対応してもらえる法律事務所です。
弁護士と司法書士はどちらも債務整理の案件を請け負うことができますが、司法書士の場合、任意整理や過払い金請求にあたっては合計が140万円以内でなければ請け負うことができないという縛りがあります。
まず間違いなく140万円を割るということならどちらでも結構ですが、もしかしたら上回るかもという案件は無難に弁護士に依頼しておきましょう。

近年、インターネットを利用して債務整理の相談に対応する弁護士事務所も中には多くあります。
都合のいい事務所が近隣にはないと憂いているばかりでなく、とりあえずはネットを介して自分が置かれた状況をメールで相談するというのはどうでしょうか。
任意整理では手続きまで電話と郵送で行うことができなくはないですから、くじけずに第一歩から始めてみましょう。
任意整理の場合は無関係で、個人再生の場合は基準が甘いので、問題とされることがそうそうないものの、債務整理の手段を自己破産にするのであれば、財産

隠しは決してやってはいけない事の一つに挙げられます。
裁判所に破産の申立をする際、持っていてよい現金と資産は法で上限の取り決めがあります。
それを超過した分は処分を要しますが、万一、隠していたという事実が明るみになれば免責が承認されないだけではなく悪ければ詐欺罪の疑いを持たれてしまいます。

例えば親戚や友人の借金の保証人になっているなら、仮に債権者が取り立てようとしてきても債務者への取立てを促し支払拒否ができます。
けれども、自己破産や個人再生で債務者が債務整理をして、一部ないし全部の支払いを放棄した場合には、支払いがまだの分について債権者は保証人に請求を始めます。
これに対する拒否権はありませんが、債権者に談判をして分割払いにできなくはありません。

パチンコや競馬などギャンブルをして借金を作った場合でも債務整理をしてもかまいません。
そうは言っても、その手段は任意整理や個人再生といった支払総額の圧縮のみで引き続き返済の義務は残る方法のみとなります。
全借金をゼロにする自己破産では借金がギャンブルで生じたものだと免責不許可事由に該当し、たとえ裁判所に破産を申し立てても免責される見込みは少ないでしょう。

闇金被害 相談 弁護士

お金のやりくりについて

現在、生後8ヶ月の赤ちゃんを育てている専業主婦です。
今は主人のお給料だけで生活しています。
妊娠初期からつわりがひどく、お腹の張りがあったので私はすぐ職場を退職。
そのため、専業主婦になってから1年以上がたちます。

やはり、主人のお給料だけのやりくりは大変でお恥ずかしながら貯金は数万円しかありません。
主人の車のローンと、婚約指輪・結婚指輪のローンだけでも月6万円あったり、主人の生命保険が2つも入ってたり(独身時代からのもので、義母がどちらも続けなさいと解約させてもらえない)毎月の出費が痛いです。

結婚してすぐも、主人は住民税や公共料金を滞納していたことが発覚して二人の貯金から払ったり、結局は指輪もローンで今も払い続けてることが納得いきません。
結婚前に二人で貯めたお金だって、私のほうが多く貯金してたのに主人の滞納分を払わされたりしているからです。

主人は私が早く働きはじめてほしいみたいで、それも気が進みません。
確かに今の時代、共働きでないと大変なのはわかります。
私が働きに出れば少しでも余裕が出来ます。
しかし、それは子供をお金を払って保育園に預けなければなりません。

そうなると、私は保育園に通わせるお金よりも稼がないとならず、また私の負担だけが増えるのが目に見えています。
ただ、ローンを払い終えるまでは貯金もままならないのでお金のやりくりに日々悩んでいます。

世の中には何度も借金をしては繰り返す人間が存在し、そういう人のことを借金癖があるといいます。
多くの場合はその借金は生活の為というよりも浪費家をしてしまうのです。

通常借金癖がある人はそれが性格であり、その人自身に問題があるかのように思われてしまいがちですが、実は借金癖というのは依存症や中毒と同様にある種の精神的な病気ということが出来ます。

つまり本人が借金を止めたいと本気で思っていても止めることが出来ないのです。
お金を浪費することに対して快感を覚えていて、その快感を得る為に借金を何度も繰り返して浪費するのです。

なので本気で借金を止めたいもしくは、周囲に借金癖のある人がいて止めさせたいと望むのなら1度精神科に連れていくのも一つの方法だということが出来ます。
勿論1度のカウンセリングで治るというものではありませんが、それでも借金癖が病気であることをきちんと認識することが、それを治す為の第一歩だということが出来ます。

はじめは誰もが借金をすることはよくないとわかっています。
本来なら計画的にお金を貯めて余裕を持った生活をしていれば、借金をすることはないと思われがちですが、突然の不幸や出費もあります。
生きていく上で借金はいつでもありえるのです。

借金をした場合は早く借金を返済する必要があります。
努力をすれば、初めての借金ならきっと早く返済できるかもしれません。
返済終わってから、二度と借金をしないと心に誓う人も多いでしょう。

しかし、またお金が厳しくなり苦しくなったときは、借金をせずに乗り越えられるでしょうか?
一度借金をしてしまいますと、簡単に大金を手に入れることができた感覚が残っていて、気軽に借りれると思ってしまいます。

実は、これが人生の大きな落とし穴であり、借金癖なのです。
二度目の借金は、一度目の借金より金額が多くなる傾向にあり、簡単には返せなくなっていきます。
そのため、借金を気楽に考えてはいけません。

もし、借金について簡単に考えるようになっていましたら、もうすでに借金癖がついているかもしれません。
計画的にお金を貯めていって、借金をしない生活を送りたいですね。

2ヶ月前にそれまで勤めていたバイト先を辞めてしまいました。
辞めた理由は、職場の人間関係に悩んだからです。

バイトなのでアッサリと辞める事が出来て、それは良かったんですか一つ問題が出来てしまいました。
もう20代後半という年齢のせいか、次のバイト先が決まらないんです。
1人暮らしをしていて生活費は、今までの貯金を切り崩して何とか凌いでいます。
でも後1ヶ月頑張って見つからなかったら、実家に帰るしかないのかなと悩んでいます。
実家は兄夫婦が親と同居しているので、帰っても私の居場所がないんですよね。
だから必死に探しているのですが、なかなか採用してもらえません。

どんどん減っていく銀行の残高を見て、毎日ため息をついています。
一応チマチマと短期派遣の仕事をしていますが、それだけではやっぱり厳しいんですよね。
最近では節約の為に一日中電気を使わないように気を付けたり、ガスも水道も全然使いません。
食費もかなり節約していますが、すごくひもじいです。

もっとお金があれば、もう少し美味しい物を食べれるのにとか、残高を気にせずお金を使いたいなとか思います。
とにかくお金の余裕がなくて、気持ちも塞いでしまうんですよね。
早く稼げる仕事を見つけて、安心して生活したいです。

お金と言うのは基本的に、自分が持っているお金の範囲内だけで、何とかするのが常識だと思います。
ですが時にはどうしてもお金が足りなくなってしまい、持ち金だけで対処できないという場面に遭遇する事があります。
そんな時は已むを得ませんから、借金をしてお金を調達する事になります。
これが正しい借金の仕方だと思います。

しかし世の中には、お金の使い方が粗かったり、計画的のお金を使わない事により、お金がいつもない人が居ます。
そんな人は借金を日常的に行い、借金をする事を何とも思ってはいないのです。
この様な人の行動を借金癖と呼ぶのです。

借金癖がある人は常に借金をしているので、「借金返済ができない」と多重債務者になる可能性が高いのです。
そうなれば周りの人たちも影響を受けない訳にはいかず、迷惑を被る事になるのです。
借金癖がある人は自分だけが困るのではなく、周囲の人まで困らせてしまうのです。
ですから借金癖がある人とは関わらないか、それが出来ないのであれば、借金癖を治してあげるしかないと思います。

参考:借金返済ができない!匿名無料で弁護士に相談するならこちら
URL:http://www.bigpotgames.com/

弁護士に依頼しての債務整理を勧められた

40代以降に、数回の転職を経験した。
自分が不殺生のせいか、余りお金に余裕がなく、学生時代に借りた日本育英会の奨学金が返せないでいた。

この奨学金というもの。
今、社会では大問題になっている代物だ。
不景気で会社を辞めたりして、返済が出来ない人が激増しているというのだ。

かくいう私もその一人。
奨学金が返せずに遅延損額金ばかりが膨れ上がる。
日本育英会に電話して相談したところ、弁護士に依頼しての債務整理を勧められた。
そういう人は今の次代は多いそうだ。
そこで、この手の問題に詳しい東京の宇都宮健二弁護士の事務所に相談した。
>>債務整理 相談 弁護士

早速、債務整理を勧められ、1か月1万円返済、遅延損害金はこれ以上は発生しないという和解案をまとめてもらって、日本育英会と和解した。
今は、契約社員(簡単に言えばバイトみたいなもの)として働きながら、毎月欠かさずに1万円を返している。

もし2か月以上滞納したら、一括返済になるという和解条項もあるので、こちらも必至である。
学生時代、ロクに勉強もせず、遊び歩いて作ってしまった奨学金、今、その返済に多いに困っているのである。

司法書士や弁護士といった人に債務整理を相談しても拒否される場合があります。
普段、債務整理以外の用件(企業法務など)を専門としている事務所や、借金を作って自己破産という理由がもとで免責決定が得られそうにないときなどが考えられます。
断られた理由が経験の有無であれば、債務整理で実績を上げている法律事務所などをあたってみると良いでしょう。
近頃はネットにも情報が多く、24時間いつでも検索できます。

どうしても弁護士に依頼するための着手金を用意できないという時でも、弁護士次第ですが債務整理を引き受けてくれるところはあります。
たとえば着手金が無理でも手付けを少額でも用意します。
不足分は債務整理手続き中の返済が猶予されている間に積立を行い、すべての処理が終わってから成功報酬などと一緒に清算するのです。
いわば支払いを事前に分割払いする感じです。

大抵の債務整理では、手続き前に積立方式を勧められますし、債務の返済が再開してから弁護士費用を支払うよりはよほど現実的です。
債務の返済に行き詰まり、任意整理か個人再生しかないという状態のときに、マンションやアパートといった賃貸物件に居住中なら、毎月の家賃の支払いも計算に入れておかなければいけません。
自己破産以外は借金は残っていますから、あわせて払い続けていく支出ですし、考慮しないわけにはいきません。
それは必要な経費ですから、債務整理の相談に訪れた段階で窓口の人か、担当してくれる弁護士なり司法書士に伝えておくべきです。
自分で皮算用するのはおすすめしません。

普通、債務整理を引き受けてもらう際は、まず最初に法律事務所や法務事務所などに対し、着手金を払う必要があります。
結果に応じて報酬金の支払いも発生しますし、費用面ではこのほか、管轄裁判所や債権者のところへ行く往復交通費、裁判所への申立てや和解書等の書類に貼付する印紙料金や切手代なども負担しなければなりません。
このあたりは本来、実費負担となるのが普通ですので、手数料的な加算はないはずです。
不安であれば確認しておくと良いでしょう。

借金の総額を減らすことができたり、状況いかんでは帳消しすらあり得る債務整理ですが、生活は楽になる一方で、自己破産や個人再生のように裁判所の決定を必要とするものの場合、官報へ住所氏名が記載されることは免れません。
毎日目にするものではありませんが、官報は長期にわたって保管され、誰でも自由に見ることができます。
債務整理の履歴というのは必ず残りますし、もし行うのであればよく考えることが大事です。

これから債務整理を開始するという受任通知を出す際、宛先に銀行があると、そこに口座を保有している場合は凍結される可能性があります。
凍結する理由は単純で、資産があるときに借金の返済に充てられるからです。
とはいえ、行った債務整理の種類が自己破産であれば預金額が20万円以下なら借金の返済に充てなくても良いと定められているため、上限20万円を超えた部分のみが債務の返済にあてられるのです。

給料を差し押さえされている間に当該債権者(差押えをしている側)を対象とした債務整理をすれば、今まで続いていた差し押さえは解除となります。
ただ、裁判所を通さない任意整理を行った場合は解除しなければいけないという決まりはないので、給料は差し押さえられたままになります。
和解の早期成立のために弁護士などに交渉を急いでもらい、現在の差し押さえ状態の解除に結び付けないことには、生活そのものが成り立たなくなります。
督促状などの封筒が見覚えのない会社からのものに変わっていることに気づいた経験はないでしょうか。

社名変更というよりはこの場合、債権を回収業者(サービサー)に譲渡したと想定できます。
こうした時でも債務整理の手続きをすることはそれ以前と同様、できるのですが、話し合いをする対象が旧債権者から新しい債権者(譲受人)に変わるため、以前と全く同じ交渉ができるとは限りません。
それでも受任通知書を債権者に送った時点で、そのサービサー等からの督促や連絡はぴたりと止むでしょう。
その点は債権者が変わっても心配無用です。

弁護士や司法書士といったプロの人たちでも、仕事内容によって得意不得意というのはあります。
実際に債務整理の実績が全くないベテラン弁護士だっているのですから、安易に依頼せず、経験豊富な司法書士や弁護士を見つけなければいけません。
近頃は債務整理専従という弁護士事務所なども珍しくなく、そのようなプロに任せる方が安心でしょう。

誰にでもあることではありませんが、財産を相続する場合、資産の洗い出しもせず単純承認で相続した結果、引き継いだ債務が資産の額を超えれば気づいたときには借金を背負っていたなんてことになってしまいます。
しかし、打つ手がないわけではありません。
債務整理を行うのです。

ここで行われるのは任意整理であって、裁判所の決定を待つのではなく、弁護士等を通じて債務総額の減額を債権者にお願いすることになります。
こういった厄介な状態にならないためにも、遺産相続の時は安易に手続きしてはいけません。

やっぱり、金銭感覚って大事だよなぁ

我が家の家計は、ちょっと変わっているようで、
基本的に「その時ある方が出す」というスタンスで
特に「家計簿があって、月食費がいくらで…」という細かい決め事はありません。

だから余計に、それぞれが自分の思う通りにお金を使う事が多くて、
それが原因で、衝突することも結構あります。

例えば私は、老後のため、子供の教育のため、緊急事態のためと、
とにかく「少しでも貯金しておきたい」と思うタイプなのですが、
夫は逆で「お金がたまったから、これで欲しかったものがやっと買える!」
と、あれば使ってしまうタイプの人間です。

確かに私もケチすぎるところがあるかもしれないけれど、
夫のような考え方で、この先やっていけるのかどうか、本当に不安になります。

確かに、お金はお墓まで持っていけないというけれど、
お墓に行くまであと何年あるか分からないし、
これから子供にもどんどんお金かかってくるし、
「やっぱり、2人で妥協できるあたりで協力していかなきゃダメだよなぁ」
と、最近つくづく思います。

あぁ~、他のご家庭はどうしてるんでしょうか?

とっても気になります…。

収入が少ないことがお金の悩み

私のお金の悩みは、収入が少ないと言うことである。
格別欲しいものがあるわけではないが、将来のことを考えるとやはり悩ましい。

将来できるならば結婚がしたい。子供だって欲しい。
だがどうも収入がネックでできないような気がする。

仕事は色々しているし、ほとんど毎日何らかの仕事を手掛けている。
しかしそれでも人並みの収入を確保することができない。
今の仕事は気に入っているし、心身ともに健康だ。

ストレスもない。
生活はできている。
しかし貯金が一向に増えていかない。

収入以外はかなりいいと思う。
問題は収入なのだ。
何歳ならば何百万ぐらい年収が無いと格好がつかない、そういう意識が頭から離れないのだ。

収入で人の価値が決まるわけではない、それはわかっている。
しかしそれでも人は収入で人を見る。
テレビも雑誌もネットもそんなことばかり言ってる。

仕事をしていない時は、大概金のことか将来のことばかり考えてしまう。
悩んでいても仕方がないのでまた仕事に逃げる。
仕事が将来につながっていくと信じて。